JR東海道本線(熱海~浜松) 静岡駅

この駅使ってます(1355人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東海道本線(熱海~浜松) 静岡駅のGoogleストリートビュー


名称 静岡駅
路線 JR東海道本線(熱海~浜松)
住所 静岡県静岡市 葵区黒金町47

JR東海道本線(熱海~浜松) 静岡駅の紹介

静岡駅前地下街爆発事故(しずおかえきまえちかがいばくはつじこ)は、1980年(昭和55年)8月16日(土)に静岡市紺屋町(現・静岡市葵区紺屋町)の、国鉄(現・JR東海)静岡駅北口側の地下街で発生したメタンガスと都市ガスの2度にわたるガス爆発事故である。15人が死亡、223人が負傷する大惨事となった。 静岡駅前、紺屋町ゴールデン街(現・紺屋町名店街)のビルは、1960年代末からビル前の歩道下(一部はビル敷地内)の地下通路を連結する形でビル地階が準地下街を構成しておりゴールデン地下街と命名されていた。 1980年8月16日午前9時31分、ゴールデン地下街を形成していたビルの一つである静岡第一ビル地階の寿司店にて小さなガス爆発事故が発生した。すぐに事故を検証するため消防吏員(消防団員を含む)、警察官、静岡ガスの担当者や事故現場となった地下街を撮影するために報道関係者が地下街に入っていった。この爆発は、地下の湧水処理漕に溜まっていたメタンガスに何らか(ポンプ付近)の火が引火したことが原因と考えられている。

詳細はwikipedia

JR東海道本線(熱海~浜松) 静岡駅の写真

loading

JR東海道本線(熱海~浜松) 静岡駅の口コミ

続きはこちら