JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒田原駅

この駅使ってます(820人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒田原駅のGoogleストリートビュー


名称 黒田原駅
路線 JR東北本線(黒磯~利府・盛岡)
住所 栃木県那須郡 那須町寺子丙3

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒田原駅の紹介

黒田原駅(くろだはらえき)は、栃木県那須郡那須町大字寺子丙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。 年表 1891年(明治24年)9月1日 - 日本鉄道の駅として開業。 開業当初は東北本線のルートが異なっており、現在の那須町役場がある位置に駅が設けられていた。当時の駅舎は那須町の民俗資料館として利用されていたが2000年に老朽化で解体され現存しない。 1906年(明治39年)11月1日 - 鉄道国有法により国有化。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により東北本線の所属となる。 1920年(大正9年) 3月10日 - 黒磯駅 - 黒田原駅間のルート変更により現在地へ移転。 11月1日 - 黒田原駅 - 白坂駅間のルートが変更され、旧ルートでは豊原駅との間に設けられていた黒川信号所を廃止。 1985年(昭和60年)3月13日 - 急行「まつしま・ざおう」の廃止により定期優等列車の停車が無くなる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。

詳細はwikipedia

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒田原駅の写真

loading

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒田原駅の口コミ

続きはこちら