JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒磯駅

この駅使ってます(829人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒磯駅のGoogleストリートビュー


名称 黒磯駅
路線 JR東北本線(黒磯~利府・盛岡)
住所 栃木県那須塩原市本町1
乗り換え

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒磯駅の紹介

黒磯駅(くろいそえき)は、栃木県那須塩原市本町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。 東北本線は当駅を境に南側は直流電化(1500V)、北側は交流電化(20000V・50Hz)と電化方式が異なっており、旅客列車の大部分を占める普通列車ではそれぞれの電源方式専用の電車が運用されることから、一部の臨時列車・貨物を除き、運転系統が分断されている。 当駅より南側の直流区間である上野駅 - 当駅間はJR発足後に「宇都宮線」の運行名が与えられており、当駅はその終端駅となり正式路線名の「東北本線」で案内される当駅 - 盛岡駅間とはラインカラーでも区別されている。当駅を境に郡山方面は主に2・4両編成の列車(一部6両・8両編成)が1時間あたり1本、東京方面は主に4両編成(一部は5・10両編成)の列車が15 - 40分間隔で運転されている。 国鉄時代から運用上の境界扱いの駅である。東京近郊区間は当駅までとなっている。Suica首都圏エリアの端にあたる。 JR支社境では豊原 - 白坂間が大宮支社と仙台支社の境界となるが、輸送指令は東京駅から当駅までを東京支社が担当し、当駅以北を仙台支社が担当している。

詳細はwikipedia

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒磯駅の写真

loading

JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 黒磯駅の口コミ

続きはこちら