JR五日市線 東秋留駅

この駅使ってます(346人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR五日市線 東秋留駅のGoogleストリートビュー


名称 東秋留駅
路線 JR五日市線
住所 東京都あきる野市野辺453

JR五日市線 東秋留駅の紹介

東秋留駅(ひがしあきるえき)は、東京都あきる野市野辺にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五日市線の駅である。 1925年(大正14年)4月21日 - 五日市鉄道 拝島 - 武蔵五日市間開通と同時に開業。旅客および貨物の取扱を開始。 1940年(昭和15年)10月3日 - 南武鉄道への合併により同社の駅となる。 1944年(昭和19年)4月1日 - 南武鉄道が戦時買収され、国鉄五日市線の駅となる。 1956年(昭和31年)11月1日 - 貨物の取扱を廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 2006年(平成18年)3月27日 - みどりの窓口廃止。「もしもし券売機Kaeruくん」が稼働開始。 2012年(平成24年)2月7日 - 「もしもし券売機Kaeruくん」営業終了。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームの端に小さな駅舎があり、そこから都道(東京都道168号東秋留停車場線)に出ることができる。

詳細はwikipedia

JR五日市線 東秋留駅の写真

loading

JR五日市線 東秋留駅の口コミ

続きはこちら