JR青梅線 宮ノ平駅

この駅使ってます(318人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR青梅線 宮ノ平駅のGoogleストリートビュー


名称 宮ノ平駅
路線 JR青梅線
住所 東京都青梅市日向和田二丁目165

JR青梅線 宮ノ平駅の紹介

宮ノ平駅(みやのひらえき)は、東京都青梅市日向和田二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線の駅である。 1914年(大正3年)4月1日 - 青梅鉄道(後の青梅電気鉄道)の貨物駅(会社兼営の石灰石のみ取扱い)として開業。 1919年(大正8年)3月1日 - 一般貨物取扱い開始。 1923年(大正12年)4月1日 - 旅客営業を開始。 1944年(昭和19年)4月1日 - 青梅電気鉄道の戦時買収私鉄指定による国有化により、国鉄青梅線の駅となる。  1969年(昭和44年)7月1日 - 貨物の取り扱いを廃止。 1971年(昭和46年)2月1日 - 無人駅化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2002年(平成14年)2月8日 - ICカードSuica供用開始。 2009年(平成21年)8月 - プレハブの仮設駅舎を撤去。新駅舎建設及び自由通路への上家設置工事開始。 2009年(平成21年)11月24日 - 現駅舎の供用開始。 2010年(平成22年)3月 - 自由通路及びホーム奥多摩方に上家を設置。

詳細はwikipedia

JR青梅線 宮ノ平駅の写真

loading

JR青梅線 宮ノ平駅の口コミ

続きはこちら