JR青梅線 河辺駅

この駅使ってます(758人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR青梅線 河辺駅のGoogleストリートビュー


名称 河辺駅
路線 JR青梅線
住所 東京都青梅市河辺町五丁目1

JR青梅線 河辺駅の紹介

河辺駅(かべえき)は、東京都青梅市河辺町五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線の駅である。 1927年(昭和2年)2月20日 - 青梅鉄道(後の青梅電気鉄道)の駅として開業。旅客及び貨物の取り扱いを開始。 1944年(昭和19年)4月1日 - 青梅電気鉄道が戦時買収私鉄に指定され国有化。国鉄青梅線の駅となる。  1980年(昭和55年)1月1日 - 貨物の取り扱いを廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 2007年(平成19年)2月 - みどりの窓口の営業時間が短縮。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。出口は北と南にあるが、北口がメインである。北口が堂々とした構えであるのに対し、南口は北口から跨線橋が伸びただけとなっている。 数少ない三角屋根のファサード。他に羽村駅や原宿駅など。国立駅も三角屋根があったが、取り壊された。 バリアフリー施設として、エスカレーターとエレベーターが出入口 - 改札外コンコース間及び改札内コンコース - ホーム間を結んでいる。

詳細はwikipedia

JR青梅線 河辺駅の写真

loading

JR青梅線 河辺駅の口コミ

続きはこちら