JR山陰本線(益田~門司) 湯玉駅

この駅使ってます(555人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR山陰本線(益田~門司) 湯玉駅のGoogleストリートビュー


名称 湯玉駅
路線 JR山陰本線(益田~門司)
住所 山口県下関市豊浦町宇賀7518

JR山陰本線(益田~門司) 湯玉駅の紹介

湯玉駅(ゆたまえき)は、山口県下関市豊浦町大字宇賀字湯玉にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅。 下関方面からの列車は、隣の小串駅を終点としているものが多いため、この駅からは運行本数が少なくなる。 1925年(大正14年)8月16日 - 国有鉄道小串線(当時)の小串駅 - 滝部駅間延伸時に開業。客貨取扱を開始。 1933年(昭和8年)2月24日 - 小串線が山陰本線に編入され、山陰本線所属駅となる。 1961年(昭和36年)8月1日 - 貨物取扱を廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。 2007年(平成19年)11月1日 - 海側の駅舎が改築され、「湯玉駅薬局」がオープン。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有し交換設備を備えた地上駅。駅舎が国道側(下りホーム側)と海側(上りホーム側)にそれぞれ設置されており、二つの駅舎は築堤下の地下通路で連絡している。海側の駅舎は薬局(湯玉駅薬局)が同居した駅舎となっている。長門鉄道部管理の無人駅であり、自動券売機等の設備はない。

詳細はwikipedia

JR山陰本線(益田~門司) 湯玉駅の写真

loading

JR山陰本線(益田~門司) 湯玉駅の口コミ

続きはこちら