JR鹿児島本線(下関・門司港~博多) 下関駅

この駅使ってます(301人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR鹿児島本線(下関・門司港~博多) 下関駅のGoogleストリートビュー


名称 下関駅
路線 JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)
住所 山口県下関市竹崎町四丁目3
乗り換え

JR鹿児島本線(下関・門司港~博多) 下関駅の紹介

下関駅放火事件(しものせきえきほうかじけん)は2006年(平成18年)1月7日に西日本旅客鉄道(JR西日本)の下関駅東口駅舎などが放火により全焼した事件。 1月7日午前1時50分ごろ、下関駅構内のプレハブ倉庫から出火、駅舎に延焼した。 木造平屋建ての駅舎東口が全焼。同建物(1942年建築)は特徴的な三角屋根を持ち、下関のシンボル的な存在だった。また下関乗務員センターや出火元の倉庫も全焼、焼失面積は延べ約3840平方メートルに及んだ。人的被害はなく、高架上にあるホームや線路、架線にも被害はなかった。 同日、現場近くにいた74歳の無職の男が放火の容疑で下関警察署に逮捕された。男は2001年(平成13年)にも福岡県内で放火未遂事件を起こし逮捕されており、前月12月に刑務所を出たばかりだった。男は過去10回にわたって服役を繰り返してきた知的障害者、いわゆる「累犯障害者」だった。事件の半日前には北九州内の区役所に生活保護を申請しに行き、「刑務所から出てきたばかりで住むところがない」というと「住所がないと駄目だ」と相手にされず、そこで下関行きの切符を一枚もらったのだという(切符がもらえる仕組みは行旅人の記事を参照のこと)。

詳細はwikipedia

JR鹿児島本線(下関・門司港~博多) 下関駅の写真

loading

JR鹿児島本線(下関・門司港~博多) 下関駅の口コミ

続きはこちら