JR中央本線(東京~塩尻) 日野春駅

この駅使ってます(891人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR中央本線(東京~塩尻) 日野春駅のGoogleストリートビュー


名称 日野春駅
路線 JR中央本線(東京~塩尻)
住所 山梨県北杜市

JR中央本線(東京~塩尻) 日野春駅の紹介

日野春駅(ひのはるえき)は、山梨県北杜市長坂町富岡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅である。 標高は615メートル。駅名は開業当時の村名である、山梨県北巨摩郡日野春村に由来する。 駅構造 南側に駅舎のある地上駅。ホームは嵩上げされていない。ホームを2面有していて、うち駅舎から離れたほうの1面は駅舎側にのみ線路がある単式ホーム、駅舎側の1面は両側に線路がある島式ホームであり、計2面3線を有する。のりばは駅舎側から1番線、2番線、3番線で、1番線に小淵沢方面の列車が発着し3番線に甲府方面の列車が発着する。2番線は上下を問わず、当駅で特急など他の列車に追い越される列車が使用するが、中央本線の甲府駅 - 小淵沢駅間に待避線の設備がある駅は当駅と竜王駅しかないため、2番線に発着する列車は比較的多い。 2つのホームの穴山方の端と駅舎を、一本の跨線橋が結び、駅舎は当駅の構内全体から見ると穴山方の端に近い場所に置かれている。当駅は甲府方面から中央本線の列車が七里岩と呼ばれる台地をのぼって行く途中にあるので、蒸気機関車時代にはこの駅で機関車に水を補給したが、この名残で当駅の3番線の長坂方、北側の脇にはそのための設備、給水塔が残されている。

詳細はwikipedia

JR中央本線(東京~塩尻) 日野春駅の写真

loading

JR中央本線(東京~塩尻) 日野春駅の口コミ

続きはこちら