JR中央本線(東京~塩尻) 酒折駅

この駅使ってます(518人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR中央本線(東京~塩尻) 酒折駅のGoogleストリートビュー


名称 酒折駅
路線 JR中央本線(東京~塩尻)
住所 山梨県甲府市酒折一丁目1

JR中央本線(東京~塩尻) 酒折駅の紹介

酒折駅(さかおりえき)は、山梨県甲府市酒折一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅である。 駅構造 単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線のあわせて2面3線を有する地上駅。のりばは駅舎側から1番線、2番線、3番線である。ホームは嵩上げされていない。業務委託駅(JR東日本ステーションサービス委託)。 駅舎は単式ホームの脇に位置するが低い場所にあるので単式ホームから階段を数段下って行く。単式ホームから駅舎への通路の途中から島式ホームへ行く通路が分かれており、この通路を通り線路をくぐる地下道を経由して階段を上ると、島式ホームに到達できる。みどりの窓口(営業時間 7:50~16:30)設置駅となっているが、無人になる時間帯があるため自動改札機ではなく簡易Suica改札機が設置されている。駅舎内部は駅事務室と待合所があり、待合所には自動券売機が設置されている。なお、この自動券売機はSuicaの履歴表示は可能だが印字はできない。 新駅舎竣工後も出改札口は南口のみで、駅北側に山梨学院大学附属中学高等学校などが存在することから南北地下通路の工事が行なわれ、2009年3月に完成した。

詳細はwikipedia

JR中央本線(東京~塩尻) 酒折駅の写真

loading

JR中央本線(東京~塩尻) 酒折駅の口コミ

続きはこちら