JR小海線(八ヶ岳高原線) 清里駅

この駅使ってます(521人) ←この駅を利用している方はクリックしてください

JR小海線(八ヶ岳高原線) 清里駅のGoogleストリートビュー


名称 清里駅
路線 JR小海線(八ヶ岳高原線)
住所 山梨県北杜市

JR小海線(八ヶ岳高原線) 清里駅の紹介

清里駅(きよさとえき)は、山梨県北杜市高根町清里にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)小海線の駅。 駅の標高は1,275 mで、JRグループの駅の中で2番目に高く、また、山梨県で一番高い。開業からおよそ2年間は当駅が国有鉄道の最高所の駅だったが、1935年(昭和10年)11月29日に当駅から信濃川上駅までが開業して、その地位を野辺山駅に譲った。隣接する野辺山駅との間にJR最高標高地点がある。山梨県の鉄道駅として最北端の駅でもある。 1933年(昭和8年)7月27日 - 国鉄小海線 小淵沢駅 - 当駅間の開通と同時に開業。旅客・貨物の取扱を開始。 1970年(昭和45年)10月1日 - 貨物の取扱を廃止。 1974年(昭和49年)5月 - 駅レンタカー営業開始。 1976年(昭和51年) - 現在のコンクリート製の駅舎へ改築。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道の駅となる。 2009年(平成21年)7月 - 駅前にC56 149を設置。

詳細はwikipedia

JR小海線(八ヶ岳高原線) 清里駅の写真

loading

JR小海線(八ヶ岳高原線) 清里駅の口コミ

続きはこちら